【最新入荷情報】LINN LP12 + SME3009S2

LINN LP12 + SME3009S2(最後期型)が入荷しました。
発売以来、ご好評を頂いておりますMobor CPU control DC motor PSUと、Mober Bearing& Stainless Steel Sub Platter SSP12のアップグレードモデルになります。

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:Mobor CPU control DC motor PSU AC100V 50-60Hz
対応回転数:33/45回転

●付属品
LP12本体+アウター&インナープラッター、トーンアーム(調整工具)
モバーCPU制御DC電源ユニット、電源ケーブル、スピンドルオイル、

●ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り

そのほか、仕様変更や各種アップグレードなど、ご希望が御座いましたらご相談下さい。

オーディオブランド
Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

【最新入荷情報】LINN LP12 +ProJect 9cc(中古)

LINN LP12(中古)が入荷しました。ハーキュリーズ2電源(新品)にアップグレードで33/45回転に対応します。ドライブベルト交換、本体全分解後、内外装共にフルレストアを施しました(1年保証商品)。

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:Hercules2 AC100V 50-60Hz
対応回転数:33/45回転

そのほか、仕様変更や各種アップグレードなど、ご希望が御座いましたらご相談下さい。

オーディオブランド
Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

Thorens TD124 / Garrard 301の修理・梱包について

毎年、年末に近づくと修理・レストアのご依頼が増えますが、今回は修理の流れと梱包方法についてご案内致します。

通常、現行品はメーカーまたは正規代理店に修理依頼しますが、古い製品や既にメーカー自体が存在しないヴィンテージオーディオは、弊社または提携業者で修理対応となります。

Garrard 301とThorens TD124、旧SME製トーンアームに関しては、弊社で内製修理を行ってますので、モーターコイルの熱損と水没・火災のダメージ、TD124のスピンドルシャフト歪み、プラッターやシャーシ、アームパイプの変形以外は100%修理可能です。TD124Mk1極初期型の樹脂製スピンドル軸受けが固着して動かない個体も、インナースリーヴを交換せずに分解・研磨作業により復活できる場合が御座います。

ただし、ヴィンテージオーディオは製造終了から半世紀以上経過していることや、改造の有無、1台毎に状態や故障箇所、原因が異なるため、修理受付の際に必ず実機を診断してから、不具合箇所の特定を行い御見積致します。

御見積は修理依頼の有無に関わらず無料で行っており、懸念点と内容をお客様に確認して頂いてから、ご予算やどこまで手を入れるかといったご希望を擦り合わせしてからご依頼頂いてます。キャンセルの場合は返却の送料のみご負担頂いております。

このため、実機を診断しない段階での見積金額や、修理用部品のみの販売に関する質問・問い合わせはお断りしてます。予めご了承下さい。

修理期間は故障内容、交換部品の調達、年末年始やGW前後などの繁忙期により異なりますが、弊社到着から2~4週間程度となります。

また、お送り頂く際には破損やトラブル防止のため、梱包をしっかり行って頂くようお願いしておりますが、いくつか注意点が御座います。

1、アイドラーは変形する原因になるため、電源レバーは必ずOFFの位置にして下さい。

2、プレーヤーは台座から本体を外して、アウタープラッター、インナープラッターを外します。ガラード301はゴムマットを外して、スピンドルに対してプラッターを垂直に持ち上げると外れます。トーレンスTD124はMk1、Mk2共にスピンドルのマイナスねじ3本を緩めるとインナープラッターが外せます。

3、台座を外さないで梱包する場合は、カートリッジとダストカバーを必ず外して下さい。 トーンアームはベアリングやエラスティックカップリングの破損を防止するため、カウンターウエイト、インサイドフォースキャンセラーのウエイトを外して、高さ調整ネジを緩めアームベースの一番下まで下げて固定し、アームパイプはレストに紐などでしっかり固定して下さい。

4、スピンドル軸受けはオイル漏れ防止のため、オイルを抜いて頂くかウエスなどを詰めて下さい。漏れたオイルがアイドラーやインナープラッターの内側に付着すると、脱脂洗浄や研磨など余計な作業が発生するので、結果、納期が伸びる場合も御座います。

5、Garrard 301はモーターを固定する輸送ロックを必ず締めて下さい(頭が赤く塗ってあるマイナスネジ2本)。固定しないで輸送すると振動によりモーターを懸架しているサスペンション(3ヶ所、上下6本)に負荷が掛かり、伸びや変形が生じて交換が必要となる場合が御座いますのでご注意下さい。

6、電源ケーブルは紐などでまとめ、本体塗装面に傷がつかないよう養生して下さい。

7、梱包はエアーキャップ(プチプチ)で巻くか、厚手のビニールや布袋に入れて、段ボールは角打ち防止のため、発砲スチロールや丸めた新聞紙などを十分入れて下さい。特に箱の底は重量が掛かることや、衝撃を受けやすいので多めに緩衝材を入れて下さい。

8、梱包する際は、重量が重いプラッターは箱の下に、プレーヤー本体はその上に入れると箱の重心が下がり、配達員の方も持ちやすくなることや、輸送中の荷崩れと破損予防になります。梱包が終わったら箱に精密機械と天地無用シールを張って発送して下さい。
  
9、トーレンスTD124のアウタープラッターは非常に変形しやすいことや、修理時に必要ないので送らないで下さい。

修理、レストアと併せて、台座の突板張替えなどのお色直し、シングルアーム→ダブルアーム化に伴う台座の新規制作、トーンアーム変更も承りますのでお気軽にご相談下さい。

■関連情報:Thorens TD124 & Garrard301の修理・フルレストア承ります。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

Michell Engineeringのドライブベルト取扱いについて

英国の老舗ブランド Michell Engineering(ミッチェルエンジニアリング)社のレコードプレーヤーは、国内代理店・東志の廃業に伴い販売終了となりましたが、現在は新しい代理店が決まらない状況となっております。

このため、消耗品のドライブベルトに関しても、東志を扱っていた商社や販売店の流通在庫も無くなり、お困りの方も多いかと思います。

先日、常連のお客様からのご相談でGyro Dec用のベルトをイレギュラーで手配した際に、英国で仕入れルートができたことや、探している方も多いようなので、12月下旬を目途に少量では御座いますが一般販売を検討しております。

今後、詳細が決まり次第、HP上でご案内致します。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

LINN LP12用DC電源システム~Mobor CPU control DC motor PSU

LINN LP12の高性能アップグレードパーツを多数リリースしているMobor社(モバー)ですが、ここ最近、お問合せがかなり増えております。

LINN LP12用のアップグレードパーツは、英国、アメリカを中心に約20社ほどのサードパーティーが存在し、その中にはREGAやネイムオーディオも含まれるものの、日本で紹介されているブランドは殆どないのでご存じない方も多いでしょう。

その中でも特に反響が大きいのがMobor社のCPU制御DCモーターシステムで、6月に取扱いを開始してからブレイクし、10月に新色のブラックもリリースされたこともあり、更に人気が高まってきた印象を受けます。

一時期は日本向けの割り当て数が少なく、ご予約のお客様には入荷遅延でご迷惑をお掛け致しましたが、年末に向けて何とか枠を確保できたところです。

LINN LP12の電源はMajik、アキュレート、クライマックスのグレードに合わせて、内蔵式、外部式とACモーターとDCモーター仕様がありますが、MoborのDCモーターシステムは最上位のDCモーター仕様になるRADIKAL同様にコンピューター制御の外部式高性能電源システムになります。

Moberは光電タコメーターを採用し、アウタープラッター裏側に設置した16個のマーカー(ストロボ)を回転数ごとに読み取りして速度計算と補正を行い、毎分500回、マイクロ秒まで測定してmVレベルでDCモーターへの出力電圧を調整することで、ほぼ誤差がない正確な回転数制御が行えるようになってます

また、DCモーターもマクソン社(スイス製)の高品質精密モーターを選別採用し、Moberお得意の精密加工技術と長年に渡る製品開発ノウハウの蓄積から編み出されたカーボンファイバーと真鍮のハイブリット筐体にモーターを組み込み、微弱な振動も吸収・分散させることで、スピンドルに伝わる振動がないよう工夫されています。

初めて製品を聴いた印象としては、外部式電源の特徴である静粛感と音数の多さが引き出され、細かな筆で繊細に描いた水彩画のようですが、DCモーターの効果か空間再現性がLINGOやMOSEとは違って相当広く感じます。

本家のRADIKALが約90万程になりますが、やはりDCモーター仕様は優位性が高いと認識すると共に、モバーはよくこの価格で発売したと驚きます。

ちなみに、LP12に限らずオーディオや家電の故障原因は、約7割以上が電源部の劣化によるもので、特に電解コンデンサの容量抜けとブリッジダイオードや3端子レギュレーターの短絡などが多いのですが、だいたい新品購入から8~12年くらいから故障が増えてきます。この点で長年愛用している個体や中古購入品をお使いであれば、アップグレードと併せて電源部の新品総入れ替えが行えるのも魅力的かと思います。

製品に関するご質問、お問合せはお気軽にご連絡下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

近況報告

11月に入り今年も残すところ2か月を切りましたが、2020年は近年稀にみる大変動の年だったと思います。

コロナの影響もありますが、オーディオ業界もかなり環境が変わり、老舗販売店の廃業や代理店の撤退など厳しい状況になってきました。

最近ではSMEがゼファンとの契約を解消して国内代理店が無くなったり、名門トーレンスでさえ代理店契約にどこの商社も名乗りを挙げない状況で、都内のオーディオショップも閉店や年末までに2業者が資金ショートで廃業する話も聞いております。

幸い弊社は一昨年から業態変更を進めていたため、ヴィンテージオーディオの取扱終了とオーディオショップ事業の売却(M&A)や、徹底した業務効率化を図り通販事業と卸に特化した結果、コロナの影響は全く受けず売上も好調に推移しており、更に9月に出店したAmazonのセラーも大きな柱になってきたところですが、従来のやり方にしがみついていたらダメだと改めて実感致しました。

特にAmazonに関しては、国内の大手通販シュアで楽天を抜いて1位の41%を占めるまでになっていることや、Amazonの倉庫に在庫を保管(FBA)して、注文から発送までをスピーディーかつ効率的に行えることや海外への越境EC等、社内リソースやサポートの労力を最小限に抑えながら拡販できる仕組みがある点で、従来のモールには無いポテンシャルを感じます。

更にオーディオ製品に関しては、出品数と参入する業者も少なくブルーオーシャンであることや、中古品を扱うセラーが殆ど存在しないので、今後、出品するセラーが増えてくれば大きな市場に成長すると期待しております。

とはいえ、国内市場でのオーディオ製品(新品)の出荷額は2185億円となり、呉服やネイルサロンの市場規模より縮小していることや、今後、生産人口の減少や若年層の収入減などネガティブな要素も具現化するのは時間の問題で、中古品に関しても韓国、東南アジアへの輸出額が伸びている反面、仕入れがネックになりつつある現状を考えると、日本国内だけのマーケットを対象にビジネスをしている場合じゃないと危機感を抱きます。

急激に変化する状況を考えると、マーケットやターゲットになるユーザー層を明確にして、従来の売り方ではない提案や海外市場への参入も準備する時期が来たように思います。弊社も年明けからe-bayストアを含む、海外への越境EC事業に参入予定ですが、並行して真に価値ある商品の発掘や自社PBの開発も進めております。

この点で6月から新規取扱いを始めたLINN LP12用のサードパーティーで、モバー社のアップグレード製品はリリース直後から人気商品になり、正直、予想外の反響に驚いております。特にCPU制御のDCモーター駆動システムは本家のクライマックスと差がない=違いがわからないとの感想を頂くほどで、プチブレイクした結果、ご予約のお客様には入荷遅延でご迷惑をお掛けしてしまいました。

いづれにしても、世界にはまだまだ知られていない優れたブランドや製品もたくさん存在してますので、可能な限り発掘してご紹介していきたいと思います。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

【最新入荷情報】LINN LP12 +AKITO (中古)

LINN LP12(下取品)が入荷しました。Mose外部電源仕様、モーター、スイッチを含む電源部新品全交換、本体全分解と合わせて内外装フルレストアを施しました(1年保証商品)。

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:Mose(外部筐体式)AC100V 50-60Hz 
対応回転数:33./45回転

●付属品
LP12本体+アウター&インナープラッター、Mose外部電源、スピンドルオイル、
トーンアーム(調整工具含む)

●ダストカバー&ヒンジ別売り
LINN JAPAN公式サイトよりお求め下さい。

そのほか、ご不明な点や各種アップグレードなど、ご希望が御座いましたらご相談下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

【最新入荷情報】LINN LP12 +SME3009S2imp (中古)

LINN LP12(下取品)が入荷しました。Valhalla電源仕様のフルレストア品です(3か月保証商品)。

トーンアームのSME3009S2improvedは針圧1.5gまでのカートリッジに対応します。

1972年にSME3009S2をベースに開発され、各部の軽量化や感度の最適化を図り、軽針圧カートリッジの能力を最大限に引き出す用途でリリースされました。本品は初期モデルになり、ナイフエッジはナイロン樹脂製、ヘッドシェルはユニバーサルシェルが使える仕様です。3009S2Impも後期型はヘッドシェルがフィックスタイプになるため、カートリッジ交換を頻繁に行うなら初期~中期型がお勧めです。

LP12本体とトーンアームは内外装共に全分解、フルレストア・調整済みです。Valhalla電源も劣化部品交換、モーター供給電圧テスト、回転数テストOK、トーンアームも洗浄研磨、リフターオイル重点、内部配線全交換、各部感度調整を弊社の熟練エンジニアが行っております。
台座はオートグラフやALTEC A5等の国産箱を専門に手掛ける提携業者で塗装面全剥離、表面研磨、再塗装し非常にきれいな仕上りとなっております。

台座のAfromosiaは総無垢の桜材になりますが、製造コストが非常に高いため現在は廃止されましたが、LP12と言えばスリット入りが欲しいという方が多いので、ぜひこの機会に検討されてみることをお勧め致します。

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
Valhalla電源 AC100V 50-60Hz 
対応回転数:33回転

※ハーキュリーズ2電源交換で45回転対応します。交換した場合は1年保証となります。

●付属品
LP12本体+アウター&インナープラッター、スピンドルオイル、トーンアーム(調整工具)

●ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り
LINN JAPAN公式サイトよりご購入下さい。

そのほか、ご不明な点やトーンアーム変更、アップグレードなど、ご希望が御座いましたらご相談下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

【最新入荷情報】LINN LP12 + Project 9cc(中古)

LINN LP12(下取品)が入荷しました。

トーンアームはMajik LP12でおなじみのProject 9cc(スタティックバランス型)になり、アームパイプは軽量かつ硬度が高いカーボン製で、
針圧3gまでのカートリッジに対応します。複雑な調整箇所もなく初心者でも簡単に使えます。

LP12本体は内外装共に全分解、フルレストア済で、ドライブベルト交換(新品)、トーンアーム内部配線全交換を弊社の熟練エンジニアが施し、
台座もオートグラフやALTEC A5等の国産箱を専門に手掛ける提携業者で小傷等を取り去り、非常にきれいな仕上となっております。
詳細は画像をご覧ください。

なお、現金でお買い上げの場合、低インピーダンス、低損失シールドケーブルを使用した弊社オリジナルフォノケーブル(ドイツ製、1.5m、21,800円)をご希望でプレゼント致します。

※クレジットカード決済、オークション購入の方を除く

LINN LP12 + Project 9cc 中古

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
BASIC電源 AC100V 50-60Hz ※60Hzエリアでお使いの場合はモーター交換致します(無料)。
対応回転数:33回転

●付属品
LP12本体+アウター&インナープラッター
トーンアーム(調整工具、元箱)

●ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り
LINN JAPAN公式サイトよりご購入下さい。

そのほか、ご不明な点やアップグレードなど、ご希望が御座いましたらご相談下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/