Thorens TD124 / Garrard 301の修理・梱包について

毎年、年末に近づくと修理・レストアのご依頼が増えますが、今回は修理の流れと梱包方法についてご案内致します。

通常、現行品はメーカーまたは正規代理店に修理依頼しますが、古い製品や既にメーカー自体が存在しないヴィンテージオーディオは、弊社または提携業者で修理対応となります。

Garrard 301とThorens TD124、旧SME製トーンアームに関しては、弊社で内製修理を行ってますので、モーターコイルの熱損と水没・火災のダメージ、TD124のスピンドルシャフト歪み、プラッターやシャーシ、アームパイプの変形以外は100%修理可能です。TD124Mk1極初期型の樹脂製スピンドル軸受けが固着して動かない個体も、インナースリーヴを交換せずに分解・研磨作業により復活できる場合が御座います。

ただし、ヴィンテージオーディオは製造終了から半世紀以上経過していることや、改造の有無、1台毎に状態や故障箇所、原因が異なるため、修理受付の際に必ず実機を診断してから、不具合箇所の特定を行い御見積致します。

御見積は修理依頼の有無に関わらず無料で行っており、懸念点と内容をお客様に確認して頂いてから、ご予算やどこまで手を入れるかといったご希望を擦り合わせしてからご依頼頂いてます。キャンセルの場合は返却の送料のみご負担頂いております。

このため、実機を診断しない段階での見積金額や、修理用部品のみの販売に関する質問・問い合わせはお断りしてます。予めご了承下さい。

修理期間は故障内容、交換部品の調達、年末年始やGW前後などの繁忙期により異なりますが、弊社到着から2~4週間程度となります。

また、お送り頂く際には破損やトラブル防止のため、梱包をしっかり行って頂くようお願いしておりますが、いくつか注意点が御座います。

1、アイドラーは変形する原因になるため、電源レバーは必ずOFFの位置にして下さい。

2、プレーヤーは台座から本体を外して、アウタープラッター、インナープラッターを外します。ガラード301はゴムマットを外して、スピンドルに対してプラッターを垂直に持ち上げると外れます。トーレンスTD124はMk1、Mk2共にスピンドルのマイナスねじ3本を緩めるとインナープラッターが外せます。

3、台座を外さないで梱包する場合は、カートリッジとダストカバーを必ず外して下さい。 トーンアームはベアリングやエラスティックカップリングの破損を防止するため、カウンターウエイト、インサイドフォースキャンセラーのウエイトを外して、高さ調整ネジを緩めアームベースの一番下まで下げて固定し、アームパイプはレストに紐などでしっかり固定して下さい。

4、スピンドル軸受けはオイル漏れ防止のため、オイルを抜いて頂くかウエスなどを詰めて下さい。漏れたオイルがアイドラーやインナープラッターの内側に付着すると、脱脂洗浄や研磨など余計な作業が発生するので、結果、納期が伸びる場合も御座います。

5、Garrard 301はモーターを固定する輸送ロックを必ず締めて下さい(頭が赤く塗ってあるマイナスネジ2本)。固定しないで輸送すると振動によりモーターを懸架しているサスペンション(3ヶ所、上下6本)に負荷が掛かり、伸びや変形が生じて交換が必要となる場合が御座いますのでご注意下さい。

6、電源ケーブルは紐などでまとめ、本体塗装面に傷がつかないよう養生して下さい。

7、梱包はエアーキャップ(プチプチ)で巻くか、厚手のビニールや布袋に入れて、段ボールは角打ち防止のため、発砲スチロールや丸めた新聞紙などを十分入れて下さい。特に箱の底は重量が掛かることや、衝撃を受けやすいので多めに緩衝材を入れて下さい。

8、梱包する際は、重量が重いプラッターは箱の下に、プレーヤー本体はその上に入れると箱の重心が下がり、配達員の方も持ちやすくなることや、輸送中の荷崩れと破損予防になります。梱包が終わったら箱に精密機械と天地無用シールを張って発送して下さい。
  
9、トーレンスTD124のアウタープラッターは非常に変形しやすいことや、修理時に必要ないので送らないで下さい。

修理、レストアと併せて、台座の突板張替えなどのお色直し、シングルアーム→ダブルアーム化に伴う台座の新規制作、トーンアーム変更も承りますのでお気軽にご相談下さい。

■関連情報:Thorens TD124 & Garrard301の修理・フルレストア承ります。

オーディオブランド Ultra Groove
https://ultragroove.jp/