Thorens TD521の修理

トーレンスTD521の修理依頼が完了し動作確認を致しました。ヤフオクで中古購入された個体でしたが、突然起動しなくなり修理業者を探されていたとのことで弊社にご相談がありました。

細部を診てみると全体的には綺麗な個体ですが、内部はいくつか気になる点もあり、未整備のままご購入されたことが一目でわかる状態でした。幸い、筐体やスピンドルなど物理的な変形や破損、致命的な不具合はなかったことから、通常の部分修理で対応しました。

また、修理と併せてTPN2000上位互換のトランス式強化電源へのアップグレードも行いました。今回は通常修理でしたが、故障個所の修理とあわせてご申告以外で懸念される箇所も予算オーバーしないように予防修理を可能な限り行い、永く安心してお使い頂ける状態に仕上げました。

●ご申告の症状:電源投入は出来るがモーターが動作せず起動不可
●再現:あり
●原因&処置内容
1.モーター
ローターへの異物巻きこみ&固着、クラッチ摩耗

2.電源基盤
経年劣化による部品(ロジックIC、トランジスタ、電解等)の寿命、モーター供給電圧低下

3.処理内容
A,モーター~ローター周りの異物除去、クリーニング、プーリー研磨、クラッチ新品交換
B,電源~ロジックIC×2、トランジスタ×8、ダイオード×4、電解コンデンサ×3個、
 ブリッジダイオード×1(強化電源対応、容量1.5A以上)新品交換、
 電源基盤の半田全補正、調整、テスト、大容量トランス式電源交換(1.0A/18AVC、AC-ACアダプター、TPN2000互換、差し替え使用可能)

C,アース処理、フォノケーブル組込み、スピンドル軸受け内部洗浄
D,水平バランス、ドライブベルト走行位置調整、12h連続稼働テスト、新品オイルおまけ

●お預かり期間:2日

●結果:修理完了、33/45/78回転共にスムーズに起動します。12時間稼働テストOK

詳細はお問合せ下さい。

Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18 ※コロナ対策で修理及び通販のみの営業となります。
公式サイト:https://ultragroove.jp/
電話&FAX:03-6233-9991
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0

Thorens TD320 のトーンアーム交換~TP16MkⅣ→FR-54

トーレンスTD320をお買い上げ頂いたお客様より、手持ちのFR-54を使いたいとご相談があり、トーンアーム交換を致しました。

TD320はアームリフターと連動してレコードの最内周で自動で電源OFFになるESOS機能が搭載されているため、アーム(ベアリング軸)にセンサーの部品が付いていることや、321や521のようにアームボード式でアーム交換が簡単ではないことから諦める方が多いのですが、ESOSの機構の一部除去とアームボード交換によりショートアームなら交換出来ます。

今回は元々開いていた取付穴の跡を隠す必要や、厚みがあるアームボードではダストカバーの開閉に干渉するため、厚み1.5mmの金属を加工して取り付けることにしました。

全長335mm、実効長245mmのFR-54を装着する場合、スピンドルの中心からオーバーハング15mmを引いた230mmが取付位置になりますが、アームの全長が長いことや、アームリフターのレバーがダストカバーに干渉することから、取付位置を検証しながら作業し、なんとか取付出来ました。

ESOS機能付きのTD320やTD520 でトーンアーム交換をご検討のお客様はご相談下さい。

Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
公式サイト:https://ultragroove.jp/
電話&FAX:03-6233-9991
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0

SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア

修理とフルレストアが完了したSME3009SⅡImproved


またまたSMEの修理ですが、今回は3009S2Improvedのご依頼を承りました。

実機を診断したところ、ヘッドシェルコネクターと内部配線が断線し、お客様ご自身で修理出来ない状態だったことや、それ以外にベアリングが固着しているようで感度が低下しており、他にもいくつか懸念材料が見つかったため、部分修理ではなくフルレストアを承りました。

●不具合箇所および処理内容
1,全分解・洗浄・研磨、内部配線全交換
2,アームリフターのグリス注入および降下速度の調整
3,ベアリング固着~剥離後、オイル洗浄&脱脂・研磨、感度調整
4,ヘッドシェルコネクタ部~分解・洗浄・研磨、シェル挿入時のスムーズさを調整
5,アームベース部~クッションのゴム製グルメット新品交換(4個)
6,アース処理及びアースポイント研磨
7,端子部研磨
8,外装の洗浄・研磨・クリーニング&傷取(可能な限り行いました)
9,インサイドフォースキャンセラーウエイトのテグス交換
10,フォノケーブル新規製作(RCA→RCAプラグ、低静電容量、ローノイズ仕様)

●費用:SMEフルレストア一律38,000円(税込・送料サービス・フォノケーブル含む)、作業工数:0.75人日(基準単価:1人日/8h:40,000円)

修理とフルレストアが完了したSME3009SⅡImproved_02
修理とフルレストアが完了したSME3009SⅡImproved_03
修理とフルレストアが完了したSME3009SⅡImproved_04~インサイドフォースキャンセラーウエイトのテグスもウエイトロッドに掛けやすいよう輪の部分を少し大きめに作りました。
修理とフルレストアが完了したSME3009SⅡImproved_05~RCA端子仕様のスクリーニングキャン
修理前のSME3009SⅡImproved_01
修理前のSME3009SⅡImproved_02
修理前のSME3009SⅡImproved_03
修理前のSME3009SⅡImproved_04
修理前のSME3009SⅡImproved_05
修理&フルレストア作業中のSME3009SⅡImproved_01
修理&フルレストア作業中のSME3009SⅡImproved_02~Oリングベアリング&シャフト洗浄・研磨
修理&フルレストア作業中のSME3009SⅡImproved_03~ヘッドシェルコネクタ部
修理&フルレストア作業中のSME3009SⅡImproved_04~ヘッドシェルコネクタ部は内部のピンが変形・固着していたため、導通不良だったことから、分解して研磨とクリアランスを調整して解消しました。現行にアッセンブル交換する方が楽ですが部品だけで4.7万以上することや、音が変わるので極力再利用して修理してます。
修理&フルレストア作業中のSME3009SⅡImproved_05~フォノケーブル新規製作(左)、純正ケーブルは導通確認と半田補正、プラグをワイヤー研磨しました。

■修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、
不具合箇所の特定と交換部品の有無、工数(基準単価:1人日4万円、通常修理の工数:0.25~0.75人日)を計算してお見積書を作成します。

その後、御見積書を元に修理内容や金額を擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。
キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、他業者のように診断料の徴収など料金等は一切発生しませんのでご安心下さい。

修理期間は通常1週間~2週間程度ですが、年末年始やGWなど、
大型連休前はお時間を頂いておりますのでご了承下さい。
また、昨今のコロナによる物流・パーツの調達に支障を来していることもあり、
部品交換が発生するケースでは1か月以上お時間を頂く場合が御座います。

■料金
1,部分修理A(症状再現の場合、修理箇所のみ3か月保証となります)
リフターがストンと降ちる、ヘッドシェルコネクタ不良、音が出ない(片chまたは両ch)、
ハムが出るなど
目安:8,800円~12,800円(税込・送料別)

2,部分修理B(症状再現の場合、修理箇所のみ3か月保証となります)
内部配線全交換、エラスティックカップリング交換、RCA端子化、フォノケーブル制作、
パイプ内バルサ材交換、内周再生時にビリつく、ベアリング固着&部分オーバーホールなど
目安:15,800円~18,800円(税込・送料別)

3,全分解フルレストア(他店購入品でも1年保証となります)
パーツ全分解・洗浄・ワイヤー研磨、ヘッドシェルコネクタ、ベアリング周り、
リフター、内部配線の新品全交換、フォノケーブル新品交換(XLRバランスは+5,800円)
目安:38,000円(税込・送料サービス)

火災や水没以外は100%修理可能です。また外装が汚いもの、改造品や他店で断られた個体も諦めずにご相談下さい。可能な限り頑張って修理・フルレストア致します。詳細はお問合せ下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18 ※コロナの感染対策上、リモートでの通販と修理受付のみとなります
公式サイト:https://ultragroove.jp/
Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
電話:03-6233-9991(平日11~18時)

■関連ページ
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3009SⅡの修理・フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア
トーンアーム修理~GRACE/グレースG-545 & SME3009R

【新入荷】LINN LP12 + SME3010R

●コンディション:美品(本体&アーム:フルレストア済)
本体は全分解・各種パーツの洗浄・点検後、台座新品交換をはじめ内外共にフルレストアを行った結果、
中古品特有の使用感がない非常に綺麗な状態に仕上がっております。

電源部はAC100V 50-60Hz、33/45回転対応の高性能電源Hercules2(ハーキュリーズ2)に新品交換と併せてアップグレードし、
モーターなど徹底してレストアしたことで、安心の2年保証商品となります。
Hercules2は同じ内蔵式電源のValhallaやMajikと比較すると、
内蔵式にも関わらず静粛性が高く、背景が静かで音数が多い印象です。

電源部はご希望で外部式筐体のMose(+44,000円)、またはDCモーター仕様のMobor CPU control DC motor PSU(+108,000円)に差額で変更可能です。※価格は税込みです。

SME3010Rは先代のSME3009S2をベースに細部をブラッシュアップし、
1981年に発売されたスタティックバランス型の傑作トーンアームです。
10インチ長になるため、分類的にはロングアームになります。

針圧0~5.0g、自重33gまでのカートリッジに対応し、オルトフォンSPUのGシェルが使えることや、
スライドベースを採用しているのでAシェルもアダプター無しで使える点で人気があります。
※2分割追加カウンターウエイトはサードパーティー製になります。

【フルレストア内容】
LP12
全分解・洗浄・各パーツ点検
電源部:Hercules2&電源スイッチ新品交換、モーターレストア(現行)、電源ケーブル新品交換
スピンドル軸受け内部洗浄(補充用オイルが付属します)、ドライブベルト新品交換
サスペンション&グルメット:分解、点検、グルメット新品交換(上下6個)、水平垂直調整
台座新品交換、トッププレートなど提携工場で剥離・洗浄・特殊研磨・レストア済
アームボード新品交換、プラッターマット新品交換

SME3010R
全分解、リングベアリング洗浄、ベアリングシャフト洗浄・研磨、感度調整、
ヘッドシェルコネクタ分解・ピン研磨、内部配線全交換、アースポイント研磨、
アームリフター分解・降下速度調整、フォノケーブル新品交換(低静電容量、Lpwノイズ仕様、1.2m)

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:AC100V 50-60Hz 対応回転数:3345回転

●付属品
本体+アウター&インナープラッター、トーンアーム+調整工具
電源ユニット、電源ケーブル、マニュアル(PDF)※ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り

●おまけ
粘着式スライタスクリーナー1個(針先やダンパーを傷めず洗って何度でも使えます)、スピンドルオイル
オリジナルフォノケーブル(1.2m、レコーディングスタジオ用のローノイズ、低静電容量の高品質ケーブル(ドイツ製)になります)。

本機はご使用前に簡単なセットアップが必要ですが、ご質問が多い項目やトラブル時の対応策をまとめた
弊社編集のオリジナルLP12セットアップマニュアルもプレゼントします。

各種クレジットカード、ショッピングローンがご利用頂けます。
サブシャーシ、電源の変更も承ります。詳細はお問合せ下さい。

オーディオブランド Ultra Groove
公式サイト:https://ultragroove.jp/
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0

SME3009SⅡの修理・フルレストア

修理とフルレストアが完了したSME3009S2

今月はSMEの修理・フルレストア依頼が激増したため、いったい何本修理するのか見当がつかなくなくなってきましたが、個人的にも好きなアームなので今回も丁寧に仕上げました。

実機を診断してお客様と相談したところ、不具合箇所が多いことや、愛着があるアームなので安心して永くお使いになりたいとのことから、部分修理ではなくフルレストアすることになりました。

●不具合箇所および処理内容
1,エラスティックカップリング交換
2,内部配線全交換
3,アームリフターのグリス注入および降下速度の調整
4,ベアリング固着~剥離後、オイル洗浄&脱脂・研磨、感度調整
5,ヘッドシェルコネクタ部~分解・洗浄・研磨、シェル挿入時のスムーズさを調整
6,アームベース部~高さ調整時の引っかかりを無くしました。
7,アース処理及びアースポイント研磨
8,端子部研磨
9,外装クリーニング&傷取(可能な限り行いました)
10,インサイドフォースキャンセラーウエイトのテグス交換
11,フォノケーブル交換(純正4ピンプラグは研磨加工、ケーブルは新品交換)

●費用:38,000円(税込・送料サービス)、作業工数:0.75人日

修理とフルレストアが完了したSME3009S2~エラスティックカップリング交換後
修理とフルレストアが完了したSME3009S2~インサイドフォースキャンセラーのウエイトのテグスも交換してます。
SME3009SⅡ修理前01~外見は比較的綺麗ですが、内部配線の被膜が硬化してアームパイプとベアリングシャフトの動きに干渉し、水平感度が大幅に低下した状態でした。
SME3009SⅡ修理前02~インサイドフォースキャンセラーのウエイトが紐に変えられている
SME3009SⅡ修理前03~エラスティックカップリングが破断してカウンターウエイトの水平位置が維持できない状態
SME3009SⅡ修理前04~アームパイプは小傷がありますが、可能な限り研磨で取り除きます。
SME3009SⅡ修理前05~Oリングベアリングと軸が固着して外れないのでオイル漬けして乖離します。
SME3009SⅡ修理中01~ベアリングほか脱脂洗浄
SME3009SⅡ修理中02~ようやく外せたOリングベアリングとシャフト。錆や汚れがあります。絶対に注油しないで下さい。
SME3009SⅡ修理中03~ベアリング周りの洗浄・研磨が完了
SME3009SⅡ修理中04~エラスティックカップリングが経年でぶよぶよでした
SME3009SⅡ修理中05~全分解・脱脂洗浄・研磨後のパーツたち
SME3009SⅡ修理中06~アームリフターがストンと落ちる状態だったので、分解・指定グリスアップと降下速度の調整を行いました。
SME3009SⅡ修理中07~アームパイプ内のアースポイントに固定させる端子ですが、音質に結構影響を与えるので研磨とリワイヤします。
SME3009SⅡ修理&フルレストア完了後~内部配線全交換でアームの水平動作に干渉しなくなり、高い感度が蘇りました。
フォノケーブルはレコーディングで使われる低静電容量、Lowノイズ仕様ですが、MMに限らず低インピーダンスで低出力のSPUのようなカートリッジで威力を発揮します。

SME製トーンアームは部分修理が8,800~18,800円程度、フルレストアは改造や破損個所がなければ一律38,000円(税込・内部配線&フォノケーブル交換含む)で承ります。何か御座いましたらお気軽にご相談下さいませ。

Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
公式サイト:https://ultragroove.jp/
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0


■関連ページ
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア
トーンアーム修理~GRACE/グレースG-545 & SME3009R