【新入荷】LINN LP12 + SME3009SⅡ Improved

●コンディション:本体&アーム共にフルレストア済・全体的に綺麗です(1年保証商品)。本体・アーム共には全分解・各種パーツの洗浄・点検後、内外装共に徹底してフルレストアしました。

特に電源周りはパフォーマンスに大きな影響を与えるので重点的に整備を行い、Valhalla電源(AC100V50~60Hz、33回転対応)は全てのロジックICと電解コンデンサ、ブリッジダイオード等、劣化部品を新品交換後、モーターと併せて調整と稼働テスト済みです。

+44,000円(税込・工賃無料サービス)で33/45回転・AC100V 50-60Hz対応の高性能電源ユニット、Hercules2にアップグレード出来ます。

今回のLP12は74~75年頃に製造されたS/N:15000番代になりますが、電源はValhallaに変更した以外は当時のままにして、往年のLP12が持つ音色と描写を引き出すことに注力致しました。 LP12は製造年代によりベアリング軸受けが現行カルーセルを含む全7種類あり、同じLP12でも年代による音の違いになります。

特に初期ロットのLP12は現行と比べると音色はほぼ同じで、蛇口全開に全ての音を出し切る鳴り方は共通するものの、濃密で一音一音に勢いとエネルギー感が宿り、音楽の躍動感がより強く感じられます。

アームはSME3009SⅡImproved になり、ベアリング周りを中心に徹底して手を入れたことで剃刀のような鋭い描写と、反応の速さが蘇りました。 アームリフターは降下速度をゆっくり目に調整してます。

●本体フルレストア内容
全分解・洗浄・各パーツ点検
電源部:Valhalla電源基盤:劣化部品交換(ロジックIC×4、ブリッジダイオード×1、スイッチングダイオード×2、抵抗×4、電解コンデンサ×8)、出力電圧測定&回転数調整、電源スイッチ内LED交換、モーター分解・スラストパッド洗浄・研磨・グリスアップ
スピンドル軸受け内部洗浄・異物除去・オイル交換(72~84年モデル用)
サスペンション&ゴム製グルメット:分解・オイル洗浄、ワッシャー交換×3(新品)、水平・垂直調整
外装:台座(プリンス)及びステンレス製トッププレートは提携工場で特殊研磨・レストア済
ドライブベルト新品交換、連続稼働テスト

●トーンアームフルレストア内容
全分解、Oリングベアリング&ベアリングシャフト洗浄・研磨、感度調整、
ヘッドシェルコネクタ分解・ピン研磨、内部配線全交換、アースポイント研磨、
アームリフター全分解・グリスアップ・降下速度調整、フォノケーブル&アース線新品交換(ドイツ製、低静電容量、ローノイズ仕様、1.2m)

₊44,000円で33/45回転・AC100V 50~60Hz対応のハーキュリーズ2にアップグレード出来ます。

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:AC100V 50-60Hz 対応回転数:33回転のみ

●付属品
本体、アウター&インナープラッター、Valhalla電源ユニット、プラッターマット、電源ケーブル、トーンアーム、カウンターウエイト、ライダーウエイト、インサイドフォースキャンセラーウエイト&ロッド、アーム調整工具(六角1/16インチ)、マニュアル(PDFファイル)
※ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り

●おまけ
スピンドルオイル、スライタスクリーナー1個(粘着式、針先やダンパーを傷めず洗って何度でも使えます)、
高音質フォノケーブル(1.2m、ドイツ製)、レコーディングやリマスタリングスタジオで使われる業務用シールドケーブルになります。ローノイズ、低静電容量で特に低出力MCカートリッジ使用時に歴然とした差が出ます。納品したお客様からも非常に高評価を頂いております。

本機はご使用前に簡単なセットアップが必要ですが、ご質問が多い項目やトラブル時の対応策をまとめた弊社編集のオリジナルLP12セットアップマニュアルもプレゼントします。

各種クレジットカード、ショッピングローンがご利用頂けます。
サブシャーシ、電源の変更も承ります。詳細はお問合せ下さい。

●お問合せ先 
Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

Thorens TD520S + SME3012R フルレストア(熊本県・Y様ご依頼分)

●お客様からのご相談・ご要望内容
メールでもお伝えした通りレコードの再生が出来なくなりました。自分でシェルコネクタを点検して青のリード線が外れた(切った?)。事前にコネクタのピンとRCAプラグ間はテスターで導通は取れていたので、接触不良かと思いましたが、いづれにせよ自分では修理出来ないので、不具合箇所以外の予防保全も含め、永く使っていけるように併せてフルレストアでお願いしたいと思います。内容についてはウルトラグルーヴさんにお任せしたいと思います。

●不具合箇所・症状の診断結果
症状:電源ON後、起動が遅く、78回転はモーターがノッキングして起動しない。33/45回転は起動後も不安定で、擦れるような大きな音がする。片chの音が出ない
再現:あり

原因:電源部の経年劣化およびモーターのクラッチ摩耗、スピンドル軸受けが注油されておらず、軸受け内壁(インナースリーブ)とスピンドル軸が擦れて金属の表面に細かい傷が付き、更に異物混入(ペットや髪の毛)と汚れや軸受け内の固着などにより摩擦が増大。結果、33/45回転は辛うじて起動するも回転が不安定、78回転は起動自体が不可でモーターは回転しようとするものの、固着で負荷が掛かっていたことや、クラッチが摩耗で滑り動力を伝達できずにカタカタと異音が出てノッキングしている。

音が出ない原因は3012Rの内部配線(Lch コールド1本)が断線。他にも内部配線の被膜が経年劣化で硬化し、アームパイプとベアリングシャフトの貫通部分でテンションが掛かっており、更にOリングベアリングとベアリングシャフトも一部腐食し、水平感度も低下していた。

結果:不具合箇所の修理とフルレストア共に完了
工数:1.75人日
費用:110,000円(税込、技術料&送料無料、工賃&部品代込み)
アームとプレーヤーをセットでレストアするため、SME(38,000円)とTD520系のレストアサービスパック(88,000円)を併用して通常の合計額126,000円→110,000円に割引致しました。

お届け後、プレーヤー本体とアーム共に1年保証で、保証期間終了後のメンテナンスや修理、ベルトやオイル購入、アームなどの仕様変更も承ります。

●担当者の見解
お預かりしたTD520S+3012Rは永年大切に使われてきた個体だと診断してすぐに分かりました。外装は年代的に綺麗なものの、TD520は電源、モーター、スピンドル軸受け、SME3012Rは内部配線の断線・経年劣化で被膜硬化、ベアリング固着で感度低下など不具合箇所がかなりある反面、過去に修理歴やメンテナンスした形跡もなく、ご申告の不具合は複合的な問題があり、個別の修理では解決しないことや再発する可能性が高い状態でした。

特にTD520Sは超重量級の砲金製アウタープラッター(約9gk)を採用し、起動後は重量があるプラッターが回転する慣性力とモーターを低トルクで動作させることで、背景が静かで造形美に優れた音場を再現しますが、電源やモーターのほか、スピンドル軸受けなど機構部もモーターに負荷が掛かないよう整備する必要があります。仮に電源だけ整備した場合はモーター起動時に掛かるトルクがプーリーにうまく伝わらず、ベルトが外れて起動しなかったり、モーターのノッキング、回転数が上がらず停止するなどの不具合が生じます。このような状態はドライブベルトに過度の負荷が掛かるため、伸びや割れなど寿命が著しく低下する原因にもなります。

今回は不具合箇所が多いことや、永く安心してご愛用したいというお客様のご要望と現状を擦り合わせた結果、部分修理ではなくTD520SとSME3012R共にフルレストアのパッケージ併用の割引で費用を抑えつつも、ACアダプターがノイジーで接触不良もあるため、電源部を純正TPN2000の上位互換になるトランス式強化電源仕様にアップグレード致しました。

また、TD520S+SME3012Rのフォノケーブルはトーレンス社がESOS機構のセンサーをアームに取り付けるため、RCA端子のコネクタ部を撤去して、フォノケーブルを自社調達品に変更してラグ板に半田付けされていますが、ケーブルは被膜の痛みや静電容量が大きくシールド性能も不足気味で、誘導ノイズやハムを拾いやすいことから新品交換致しました。

●フルレストア&不具合箇所の整備内容
【TD520S】
1,分解・洗浄・各パーツ点検
2,電源部:劣化した以下部品を新品全交換しております。
全ロジックIC×8、全トランジスタ×11、電解コンデンサ×3、フィルムコンデンサ×8、抵抗×1、3端子レギュレーター×1、ブリッジダイオード×1(400V/1.5A)、スイッチングダイオード×4、全半田補正、供給電圧調整
モーター:分解洗浄、クラッチ交換(新品)、プーリー研磨&傾き角度の調整、ベルト走行位置の調整、強化電源仕様トランス式AC-ACアダプター交換(新品、1.0A/18VA)

3,サスペンション:分解、ワイヤー点検、水平調整
4,スピンドル軸受け:内部洗浄、軸研磨、オイル交換
5,ドライブベルト交換(新品)
6,外装クリーニング、インナー&アウタープラッター洗浄研磨
7,ESOS機能の電源OFF位置の調整
8,総合調整、12時間稼働テスト

【SME3012R】
1,内部配線全交換  
2,全分解・パーツ薬品洗浄・点検・研磨
3,ベアリング分解・洗浄・シャフト研磨
4,ヘッドシェルコネクタ分解・研磨・当たり調整
5,アース処理及びアースポイント研磨
6,外装クリーニング&傷取
7,フォノケーブル交換(1.2m、ドイツ製、低静電容量・Lowノイズシールド仕様)
8,インサイドフォースキャンセラーウエイトのテグス交換

●修理・フルレストアについて
修理のご依頼は不具合箇所のみの部分修理とフルレストアのいづれかで承ります。部分修理はご申告を頂いた不具合箇所のみ修理致します。

フルレストアは全分解後に部品の洗浄・研磨を行い、内外装ともに可能な限り手を入れて、初期性能の回復と音質を蘇らせます。不具合箇所が多い場合は部分修理で対応するより安く済む傾向があります。

修理・フルレストア共に製品をご購入した際に感動した初期性能と音質や音色を蘇らせることを第一優先に考え、音のイメージが変わる様な部品選択や回路変更、改造を伴う施術は行いません。

また、トーンアームなど片chの音が出なくなった場合など、両chの音質・音色差がないよう左右ch共に同じ年式・規格の同一部品を用いて修理・部品調達するため、多少お時間を頂きます。消耗部品や物理的破損がない場合は、オリジナルのパーツを極力残すよう手を入れ、基本に忠実なレストアを心がけております。

●修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、不具合箇所の特定と交換部品
の有無、工数を計算してお見積書を作成します。その後、御見積書を元に修理内容やご要望、金額を擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。

【修理品送付先】
Ultra Groove

〒106-0032 東京都港区六本木 7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日 11~18 時)

キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、他社様のように診断料の請求など料金は一
切発生しませんのでご安心下さい。

見積基準(税込)
①基本技術料:19,800 円
②工賃:1人日(8h)/44,000 円、1h/5,500 円
③部品代

部分修理は①~③の合計がお見積り金額になり、ヤマト運輸の着払いでご返却となります。
修理箇所は 3 か月保証で再発の場合は無償修理で対応致します。フルレストアは①が無料
になり、工賃・部品代込の一律料金、送料無料、1年保証になります。
※改造箇所や物理的破損がある場合はお見積りの上、別途部品代を頂きます。

●フルレストア料金(税込)
1,SME3009/10/12共通(SⅠ、SⅡ、R、M2-Rシリーズ)
【内容】パーツ全分解・洗浄・ワイヤー研磨、ヘッドシェルコネクタ、ベアリング周り、リフター降下速度調整、内部配線全交換、フォノケーブル交換(1.2m、XLRバランスは+5,800円)
一律:38,000円(基本技術料&送料無料、部品代込み)
工数:0.5人日
参考:https://ultragroove.tokyo/sme3009s2-restore/

2,トーレンスTD320&520系
【内容】モーター~ローター周りの異物除去、クリーニング、プーリー研磨、クラッチ交換
電源基盤のIC&トランジスタ全交換を含む劣化部品の新品交換・半田全補正、調整、
TPN2000互換の大容量トランス式電源交換(1.0A/18AVC、AC-ACアダプター、差し替え使用可能)、アース処理、フォノケーブル組込み、スピンドル軸受け内部洗浄、ドライブベルト交換、水平バランス、ドライブベルト走行位置調整、12h連続稼働テスト

一律:TD320系:68,000円、TD520系:88,000円(基本技術料&送料無料、部品代込み)
工数:1.0~1.25人日
参考:https://ultragroove.tokyo/newarrival20220316_thorenstd521sme3012s2/

3,TD320/520系の本体とSME製トーンアーム(3009/10/12系)を併せてフルレストアする場合、セット割でTD320系:90,000円、TD520系:110,000円(税込)にて承ります。

●納期について
通常、修理品のお預かりから 1 週間~2 週間程度になりますが、GW やお盆、年末年始など
長期休暇や繁忙期、また改造や破損等で部品を取り寄せる場合は、1 か月程度お時間を頂きますのであらかじめご了承下さい。そのほか、詳細はお問合せ下さい。

※コロナ対策および通販・修理のみとなるため、対面受付は行っておりません。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●関連ページ
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3009SⅡの修理・フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア

ORTOFON RMG-309 整備完了(東京都・N様ご依頼分)

オルトフォンRMG-309整備完了後01

●機種名:オルトフォンRMG-309(ダイナミックバランス型)
●不具合の有無:エラステックカップリングのがたつき、ベアリング固着
●結果:整備完了

今回は普段使いしているアームがどうも音抜けが悪くこもったような音なので、元からの音なのか、それともどこか不具合があるのか診て欲しいというご依頼でお預かりしました。診断と併せて気になる箇所のメンテナンスを行いました。

オルトフォンRMG-309整備完了後02
整作業中~カウンターウエイト内部は経年劣化で硬化したグリスが固着してダイヤルも重いため、全分解して薬品洗浄後、研磨作業を行います。

お預かりした個体はご申告内容からアームの感度低下によるところが大きかったため、
ベアリング周りを重点的に整備・調整する方針で作業に取り掛かりました。

また、ヘッドシェルコネクタ周りの不具合や断線もなく、コネクタを外すにはエラスティックカップリングを取り外す必要があるため、交換歴がありまだ新しいエラスティックカップリングと内部配線の交換は次回メンテナンス時に行うことにして、代わりにフォノケーブル交換をサービス致しました。

●整備内容
ウエイト可動部分解・洗浄・研磨、グリスアップ
Oリングベアリング&シャフト洗浄・研磨、感度調整(水平・垂直、2か所)
ヘッドシェルコネクタ内クリーニング、コネクタ部半田補正
フォノケーブル交換(米国製)DIN5ピン→RCA1.5m
導通・テスト

●工数:3h ※1hあたり5,500円、1人日/8hで44,000円ベース
●費用:基本技術料19,800円+工数16,500円=合計:36,300円(税込)

RMGはOリングベアリング(2個)の中央をベアリングシャフトが貫通する構造ですが、腐食や汚れなどで固着すると水平感度が大幅に低下し、トレースに支障をきたす原因になります。洗浄・研磨後、適切な固さのワックスを使い響きの調整を致します。
オルトフォンRMG-309整備完了後03
エラスティックカップリングの横にある固定箇所(中にボールベアリングがある)にがたつきがないよう取付角度や感度を調整ながら固定します。緩すぎるとがたつき、締めすぎると垂直(上下)の感度が落ち、音の立下りが悪くなります。
ORTOFON RMG-309
オルトフォンRMG-309整備完了後04

●修理・フルレストアについて
トーンアームは不具合箇所のみの部分修理とフルレストアのいづれかで承ります。部分修理はご申告を頂いた不具合箇所のみ修理致します。

フルレストアは全分解後に部品の洗浄・研磨を行い、内外装ともに可能な限り手を入れて、初期性能の回復と音質を蘇らせます。不具合箇所が多い場合は個別修理で対応するより安く済む傾向があります。

●修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、不具合箇所の特定と交換部品
の有無、工数を計算してお見積書を作成します。その後、御見積書を元に修理内容やご要望、金額を擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。

【修理品送付先】
Ultra Groove

〒106-0032 東京都港区六本木 7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日 11~18 時)

キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、他社様のように診断料の請求など料金は一
切発生しませんのでご安心下さい。

見積基準(税込)
①基本技術料:19,800 円
②工賃:1人日(8h)/44,000 円、1h/5,500 円
③部品代

部分修理は①~③の合計がお見積り金額になり、ヤマト運輸の着払いでご返却となります。
修理箇所は 3 か月保証で再発の場合は無償修理で対応致します。フルレストアは①が無料
になり、工賃・部品代込の一律料金、送料無料、1 年保証になります。
※改造箇所や物理的破損がある場合はお見積りの上、別途部品代を頂きます。

●納期について
通常、修理品のお預かりから 1 週間~2 週間程度になりますが、GW やお盆、年末年始など
長期休暇や繁忙期、また改造や破損等で部品を取り寄せる場合は、1 か月程度お時間を頂きますのであらかじめご了承下さい。そのほか、詳細はお問合せ下さい。

※コロナ対策および通販・修理のみとなるため、対面受付は行っておりません。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●関連ページ
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3009SⅡの修理・フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア

LINN LP12 修理完了(徳島県・K様ご依頼分)

●機種名:LINN LP12 Valhalla電源仕様
●症状:中古購入品で電源は入るが起動・回転が不安定、修理と併せて45回転も楽しみたい
●再現:あり
●故障原因:電源部の経年劣化、モーター供給電圧およびトルク低下
●結果:修理完了
●対応工数:0.25人日

今回はS/N50000番代(1983年後半~84年前半製造)のLP12をお預かりしました。
中古でご購入後、電源は入るものの、起動・回転が安定せず、メーカー修理を依頼した結果、Valhalla電源は修理やサポートが終了しているため、MajikまたはLingo Mk4電源への交換しか選択肢がなく、見積金額もお客様の想定を上回るほど高額だったため、ご相談を頂きました。

当初はミニマムの修理費用で抑えるため、Valhalla電源を修理する前提でご相談を承りましたが、 将来的な故障リスクや33/45回転も楽しみたいとのご希望で、内蔵式の高性能電源Hercules2へアップグレードと併せて、気になる不具合箇所のメンテナンスを行いました。

お預かり時の状態~Valhalla電源で修理歴有り、純正モーターが2世代後(1992年以降)のものに交換されてますが、180度逆の向きに取り付けれていることや振動が大きく、配線処理も雑でした。
左:Hercules2、33/45回転対応 右:交換するValhalla電源、33回転のみ
フォノケーブルのアース処理と見た目があまりにも酷いため、お直し致しました。
ValhallahaをHercules2に交換する際に傷んでいた電源ケーブルも交換し、モーターとスピンドル軸受のメンテナンス、サスペンションとサブシャーシの防錆処理を行い、33/45回転共に安定して起動するようになりました。
サスペンションも水平が大幅に狂っていたので調整しました。

LINN LP12は極初期型~現行モデルまで、メーカー修理不可の個体や、電源・トーンアームなどの変更、永年お使い頂いた筐体の外装お直しも承ります。詳しくはお気軽にご相談下さい。

※コロナ対策および通販・修理のみとなるため、対面受付は行っておりません。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●資格・免許
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

●関連情報
Hercules2(ハーキュリーズ2)について
LINN LP12 極初期型 + SME3009SⅡ
LINN LP12の修理&セットアップ(愛知県・I様ご依頼分)
LINN LP12 + SME3010R

SME3010R/BKフルレストア(東京都・H様ご依頼分)

SME3010R/BKフルレストア完了後01

●機種名:SME3010R/BK
●症状:アームリフターの降下速度が異常に遅い、ライダーウエイトが固定出来ない
●再現:あり
●故障原因:不適切なリフターグリス注入ほか調整不良、ライダーウエイト固定具&スプリング欠品
●結果:修理完了 ※フルレストアのご依頼を承りました。
●対応工数:0.5人日

SME3010R/BKフルレストア完了後02
SME3010R/BKフルレストア完了後03~~ブラック仕様はラッカー系とウレタン系の塗装が使い分けられてます。
SME3010R/BKフルレストア完了後04
SME3010R/BKフルレストア完了後05~フォノケーブル新規製作
SME3010R/BKレストア作業中01~薬品で脱脂・洗浄後、研磨作業を行います。

●フルレストア内容
全分解、Oリングベアリング&ベアリングシャフト洗浄・研磨、感度調整、
ヘッドシェルコネクタ分解・ピン研磨、内部配線全交換、アースポイント研磨、
アームリフター分解・降下速度調整、リフターアッセンブル高さ調整、フォノケーブル&アース線新品交換(低静電容量、Lpwノイズ仕様、1.2m)、総合調整

SME3010R/BKレストア作業中02~BK仕様は塗装面が非常に薄くデリケートで変退色しやすいため、通常の薬品洗浄が出来ません。オイル洗浄後に汚れを落としていきます。
SME3010R/BKレストア作業中03
SME3010R/BKレストア作業中04
SME3010R/BKレストア作業中05~リフターアッセンブルは分解後にグリス除去し、仮組して降下速度を確認しながら調整します。
SME3010R/BKフルレストア完了後

●修理・フルレストアについて
SME 製トーンアームは、不具合箇所のみの部分修理とフルレストアのいづれかで承ります。部分修理はご申告を頂いた不具合箇所のみ修理致します。
フルレストアは全分解後に部品の洗浄・研磨を行い、内外装ともに可能な限り手を入れて、
初期性能の回復と音質を蘇らせます。不具合箇所が多い場合は個別修理で対応するより安
く済む傾向があります。

●修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、不具合箇所の特定と交換部品
の有無、工数を計算してお見積書を作成します。その後、御見積書を元に修理内容や金額を
擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。

【修理品送付先】
Ultra Groove
〒106-0032 東京都港区六本木 7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日 11~18 時)

参考:レコードプレーヤーの梱包方法について

キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、他社様のように診断料など料金は一切発生しませんのでご安心下さい。

●見積基準(税込)
①基本技術料:19,800 円
②工賃:1 人日(8h)/44,000 円、1h/5,500 円
③部品代

部分修理は①~③の合計がお見積り金額になり、ヤマト運輸の着払いでご返却となります。
修理箇所は 3 か月保証で再発の場合は無償修理で対応致します。
フルレストアは①と送料が無料で、工賃・部品代込の一律料金、1年保証になります。
※改造箇所や物理的破損がある場合はお見積りの上、別途部品代を頂きます。

●フルレストア料金(税込)
SME3009/10/12 共通(SⅠ、SⅡ、R、M2-R シリーズ)
【内容】パーツ全分解・洗浄・ワイヤー研磨、ヘッドシェルコネクタ、ベアリング周り、リ
フター降下速度調整、内部配線全交換、フォノケーブル交換(1.2m、XLR バランスは+5,800
円)
一律:38,000 円(基本技術料&送料無料、工賃・部品代込み)
工数:0.5 人日
参考:https://ultragroove.tokyo/sme3009s2-restore

●納期について
通常、修理品のお預かりから 1 週間~2 週間程度ですが、GW やお盆、年末年始など長期休暇や繁忙期、また改造品の修理や破損等で部品を取り寄せる場合は、1 か月程度お時間を頂きますのであらかじめご了承下さい。そのほか、詳細はお問合せ下さい。

※コロナ対策および通販・修理のみとなるため、対面受付は行っておりません。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●関連ページ
THORENS TD124Mk1のフルレストアについて 
フルレストア~LINN LP12 極初期型 + SME3009SⅡ 
THORENS TD124の異音について
【修理】Thorens TD124 Mk2
フルレストア~THORENS TD134
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3009SⅡの修理・フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア

Thorens TD520+SME3012R 修理完了(千葉県・G様ご依頼分)

●機種名:トーレンスTD521+SME3012R
●症状:音が片chしか出ない、起動が遅く不安定、78回転が起動しない、電源が落ちる
●再現:あり
●故障原因:アーム内部配線の断線(2か所)、電源基盤の経年劣化、モーター動作不安定、クラッチ摩耗、スピンドル軸受け内の摩擦が大きい、ACアダプター不良
●結果:修理完了
●対応工数:1.0人日

●不具合箇所の修理・整備内容
【TD520】
1,各機構・パーツ点検
2,電源部:故障個所の解析および特定、劣化部品交換、ACアダプター交換と併せて強化電源仕様にアップグレードし以下部品を新品交換してます。

 ロジックIC×1、電解コンデンサ×3、フィルムコンデンサ×7、抵抗×1、3端子レギュレーター×1、ブリッジダイオード×1、一部半田補正、供給電圧調整
モーター:分解洗浄、クラッチ交換(新品)、プーリー洗浄&研磨・傾き角度の調整、ベルト走行位置の調整、強化電源仕様の大容量トランス式AC-ACアダプター交換(新品、1.0A/18VA)

2,サスペンション:ワイヤー点検、水平調整
3,スピンドル軸受け:内部洗浄、異物除去
4,ドライブベルト交換(新品)
5,インナー&アウタープラッター洗浄・特殊研磨
6,ESOS機能の電源OFF位置調整
7,総合調整、12時間稼働テスト

【トーンアーム】
A,内部配線全交換(新品)
B,ヘッドシェルコネクタ分解・洗浄・研磨
C,アース処理及びアースポイント研磨
D,フォノケーブル交換(1.2m)
E,インサイドフォースキャンセラーウエイトのテグス交換
F,アームベースおよびアームパイプのゴムクッション交換(5個)

●修理・フルレストアについて
トーレンスTD320/520系およびSME製トーンアームは、不具合箇所のみの部分修理とフルレストアのいづれかで承ります。部分修理はご申告を頂いた不具合箇所のみ修理致します。

フルレストアは全分解後に部品の洗浄・研磨を行い、内外装ともに可能な限り手を入れて、初期性能の回復と音質を蘇らせます。不具合箇所が多い場合は個別修理で対応するより安く済む傾向があります。

●修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、不具合箇所の特定と交換部品の有無、工数を計算してお見積書を作成します。その後、御見積書を元に修理内容や金額を擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。

【修理品送付先】
Ultra Groove
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)

キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、他社様のように診断料の請求など料金は一切発生しませんのでご安心下さい。

●見積基準(税込)
①基本技術料:19,800円
②工賃:1人日(8h)/44,000円、1h/5,500円
③部品代

部分修理は①~③の合計がお見積り金額になり、ヤマト運輸の着払いでご返却となります。修理箇所は3か月保証で再発の場合は無償修理で対応致します。フルレストアは①が無料になり、部品代込の一律料金、送料無料、1年保証になります。※改造箇所や物理的破損がある場合はお見積りの上、別途部品代を頂きます。

●フルレストア料金(税込)
1,SME3009/10/12共通(SⅠ、SⅡ、R、M2-Rシリーズ)
【内容】パーツ全分解・洗浄・ワイヤー研磨、ヘッドシェルコネクタ、ベアリング周り、リフター降下速度調整、内部配線全交換、フォノケーブル交換(1.2m、XLRバランスは+5,800円)
一律:38,000円(基本技術料&送料無料、部品代込み)
工数:0.5人日
参考:https://ultragroove.tokyo/sme3009s2-restore/

2,トーレンスTD320&520系
【内容】モーター~ローター周りの異物除去、クリーニング、プーリー研磨、クラッチ交換
電源基盤のIC&トランジスタ全交換を含む劣化部品の新品交換・半田全補正、調整、
TPN2000互換の大容量トランス式電源交換(1.0A/18AVC、AC-ACアダプター、差し替え使用可能)、アース処理、フォノケーブル組込み、スピンドル軸受け内部洗浄、ドライブベルト交換、水平バランス、ドライブベルト走行位置調整、12h連続稼働テスト

一律:TD320系:68,000円、TD520系:88,000円(基本技術料&送料無料、部品代込み)
工数:1.0~1.25人日
参考:https://ultragroove.tokyo/newarrival20220316_thorenstd521sme3012s2/

3,本体とSME製トーンアーム(3009/10/12系)を併せてフルレストアする場合、
セット割でTD320系:90,000円、TD520系:110,000円(税込)にて承ります。

●納期について
通常、修理品のお預かりから1週間~2週間程度になりますが、GWやお盆、年末年始など長期休暇や繁忙期、また改造や破損等で海外から部品を取り寄せる場合は、1か月程度お時間を頂きますのであらかじめご了承下さい。そのほか、詳細はお問合せ下さい。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

■関連ページ
THORENS TD124Mk1のフルレストアについて 
フルレストア~LINN LP12 極初期型 + SME3009SⅡ 
THORENS TD124の異音について
【修理】Thorens TD124 Mk2
フルレストア~THORENS TD134
SME3012SⅡ、3009SⅡ、3010Rの修理&フルレストア
SME3009SⅡの修理・フルレストア
SME3012SⅡの修理・フルレストア
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア
SME3012Rの修理・フルレストア

【重要】メール送受信の不具合について(2022.3.26)

今週3月23日午前4時前後から弊社メールサーバーの不具合が発生したため、
一部メールの送受信が出来ない状況です(現在、原因の調査を行っております)

このため、メールからお問合せのお客様で2営業日以上、弊社より返信がない場合は、
お手数ですが電話番号を記載の上、再度メールをお送り頂くか、電話・LINEにてお問合せ頂くようお願い致します。

電話:03-6233-9991(平日11~18時)
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0


ご都合がよろしい時間が御座いましたら、こちらから電話またはLINE・メールでご連絡致します。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●資格・免許
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

レコードプレーヤーの梱包方法について

今月に入りお客様や同業者から輸送事故絡みの修理に関するご相談が立て続けにあったので、今回はレコードプレーヤーの梱包方法と注意点をご紹介いたします。

トーレンスTD125+SME3009S2の修理ご依頼品、プラッターは輸送中の振動で外れてしまってます。

今週初めにお客様より修理のご依頼を受けたトーレンスTD125+SME3009S2ですが、梱包方法が適切でなかったため、スピンドル軸が大きく曲がっており修理不可能になりました。

原因は本体のスピンドル軸受けにインナープラッターとスピンドルを挿して、アウタープラッターもつけたまま梱包したことで、輸送中の振動で重量があるプラッターが外れてしまい、箱の中で転げまわっておりました。

開梱した時にプラッターが付いたままだったので嫌な予感がしましたが、TD125は電源が入る状態で整備すれば使えることや、アームには傷が付いてカートリッジは針先は無くなっている状態で、お客様も楽しみになさっていたため、残念な気持ちになりました

本体シャーシにもプラッターが擦れた傷が付いてしまいました。

TD125に限らずトーレンスTDシリーズ全機種やLINN LP12は重量級のプラッターを採用しているため、本体の軸受けにスピンドルを挿してプラッターも装着したまま輸送すると、振動で過重と衝撃が加わりスピンドル軸が曲がります。酷い場合は軸受け底部にあるスラストパッドが上から押しつぶされて変形して、スピンドル軸の先端とスラストパッドの接触面積が増える=摩擦係数が高くなり、オイル漏れしたり、フローティング構造の場合はサスペンションに余計が力が掛かることでシャーシとサスペンションを固定しているワイヤーが切れたり、ゴム製グルメットの破断など致命傷的ダメージになります。

スピンドルは特に横方向からの衝撃に弱いため、アウタープラッターを装着したまま本体を斜めに傾けたりせず、ラックや部屋の移動もできればプラッターを外してから行うことをお勧めします。

TD125のようにメーカーサポートが終了していたり、サードパーティー製のスピンドル軸も入手できない製品は、中古や部品取りがあれば対応することも可能ですが、無い場合は修理不可能となってしまいます。

また、ヤフオクを含め中古流通品の中には、スピンドル軸が歪んでいるものも結構紛れ込んでいるので、入荷時に必ずチェックしますが、リサイクル系や詳しくない個人の方は見分けがつかないことや、ジャンク品は部品や修理代の方が高額になるケース多いので、購入する際はご注意下さい。

修理や移設などでレコードプレーヤーを梱包する方法と注意点をご紹介いたします。

【手銃】
①必ずカートリッジを外しアームはレストに紐などで固定します。ダストカバーは必要ないため外して頂き保管して下さい(破損するので送らないで下さい)。
②プラッターを外しスピンドル軸受けはオイル漏れ防止のため、ラップと輪ゴム等で蓋をします。
③電源やフォノケーブルは強く折らないようまとめ、本体に傷がつないようエアーキャップ等で養生します。
④本体や台座の隙間には厚紙や段ボールをカットして挟み、サスペンションが出来るだけ動かないよう固定します。
⑤ガラード301/401等、輸送ロックがある機種は必ずロックを掛けてモーターが動かないようにします。
⑥プラッター類、本体はエアーキャップ等で養生します。
⑦段ボールは底が一番衝撃が掛かるため、緩衝材を多めに入れたり2重底にして、重量があるプラッターを箱の下に入れ、その上に本体を入れます(箱の重心が低くなり輸送中の荷崩れが予防できます)。
⑧発送は宅配便(ヤマト運輸、ゆうぱっく)に「精密機械」「天地無用」でご依頼下さい。
⑨開梱時は冬などで室内外との寒暖差が大きい場合に、結露が原因でショートや故障することがありますので、 寒い時期の搬出入後はすぐに通電せずに、半日程度、室温に戻してから通電するようにしてください。

※ヤマト運輸のらくらく家財便は、オーディオ機材全般で利用不可となっております(2022年3月現在)

元箱が無い場合は段ボールやエアーキャップなどの緩衝材を用意する必要がありますが、ダンボールワンが価格・決済方法、オーディオ製品のサイズや強度的に使いやすいものが揃えやすいのでお勧めです。

輸送事故はお客様、販売店、買取業者、運送業者も含め全員が不幸になることや、10万円を超える機材が破損した場合、運送業者が加入している保険も営業所で決済承認できないことから、支店に管轄が移管され、保険会社の聞き取りや新品・中古価格の調査、写真の提出などを行い、約1か月弱で承認可否がおりますが、
金額によっては満額保証されないケースも多いため、少し過剰かなと思う位に十分に緩衝材を使って梱包することをお勧め致します。

今回のTD125は残念ながら修理不可となりましたが、SME3009S2を外してフルレストアすることになりました。お客様が代わりのプレーヤーをお探しだったことから、丁度、入荷したばかりのTD321をレストアしてSME3009S2とセットアップ納品することになりました。

TD320/321にSME3009SⅡを組む場合、筐体が浅いためアームの底が当たります。RCA端子を筐体に取り付けて内部配線を接続するなど加工が必要です。3009SⅡImpやRの場合は加工不要です

現在お使いのプレーヤーからのトーンアーム移植や、お手持ちのアームを整備して使いたい場合はアームレスの在庫がありますし、輸送事故や落下等で破損した台座や外装のお直し、本体の破損も内容により修理出来ますので、何か御座いましたらお気軽にご相談下さい。

※コロナ対策および通販・修理のみとなるため、対面受付は行っておりません。

●Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/

●資格・免許
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

【新入荷】 LINN LP12&Mose/Moberアップグレード仕様

●コンディション:本体&アーム共にフルレストア済・極美品

本体は全分解・各種パーツの洗浄・点検後、内外装共に徹底してフルレストアするのと併せ、
電源は純正ACモーターを含むMose新品交換し、ベアリングはMober Bearing、インナープラッターはMober Stainless Steel Sub Platter SSP12にアップグレードし、内外共にほぼ新品状態に仕上がっております。

MoseはAC100V/50~60Hz、33/45回転対応の外部式電源ユニットで、デュアル水晶発振器を搭載し、非常に高精度で安定した回転が特徴の高性能電源です。
非常に高SNで静粛性に優れ、ノイズに埋もれていた繊細な音が引き出されることで音数が増えて、特に微弱な電流を扱う低出力、低インピーダンス型のMCカートリッジを使う場合は歴然とした差が出ます。回転数の切り替えは電源スイッチを長押しで33/45回転が選択出来ます。

Mober BearingはKarousel同様に、スピンドル軸受け内部がスピンドルシャフトをボールベアリングで囲むよう、
上下2か所でホールドする構造を最初に開発した元祖として、Karouselに先立つ2016年にリリースされました。


従来のベアリング軸受けは少なからず摩擦があり、きつすぎると自由に回転せず、緩すぎるとぐらつきます。そこでベアリング軸受け内にボールベアリングを使用して、プラッターのスピンドルシャフトを側面からしっかりと固定しつつも、自由に動かすことで従来のベアリング軸受けでは成しえなかった超低摩擦抵抗力と、LP12の次世代アップグレードの決定版とまで言われ、世界20数か国で高い評価を得てます。

Mober Stainless Steel Sub Platter SSP12は共振点が異なる2種類の金属を用いたハイブリット構造になり、オリジナルのインナープラッターのウィークポイントであった僅かな鳴きを抑え、摩擦係数を極限まで少なくすることを目的に開発されました。スピンドルシャフト先端に極小の超精密、高精度加工されたボールベアリングを組み合わせ、スラストパッドとの接触面積を少なくすることで、摩擦係数を大幅に低下することに成功致しました。

Mober Bearingと組み合わせた結果、プラッターを手で回して慣性力だけで14分間も回転するほど摩擦が少なくなり、オリジナルのインナープラッターと比較して圧倒的にノイズフロアが低く、圧倒的な高解像度と繊細な描写力が得ることができました。

SME3010Rは1981年発売のスタティック型アームで、10インチ長(約25㎝)で分類的にはロングアームになります。SMEの特徴となるナイフエッジとラテラルバランス機構を採用し、自重33g、針圧0~5gまでのカートリッジ対応します。


軽針圧からSPUまで幅広いカートリッジに対応することや、独自のスライドベースを採用しているため、オルトフォンSPU/GシェルとAシェルの併用時にアダプターが必要なく、オーバーハングもスライドで合わせやすく人気が高いアームです。
※2分割の追加カウンターウエイトはサードパーティー製になります。

■本体フルレストア内容
全分解・洗浄・各パーツ点検
電源部:Mose電源ユニット・電源スイッチ・純正ACモーター新品交換&アップグレード
出力電圧測定&回転数調整
スピンドル軸受け&クロスブレイス:Mober Bearing新品交換&アップグレード
サスペンション&ゴム製グルメット:新品交換、水平・垂直調整
外装:台座(プリンス)・アームボード(SMEカット)新品交換、ステンレス製トッププレートは提携工場で特殊研磨・レストア済
ドライブベルト新品交換、連続稼働テスト

■トーンアームフルレストア内容
全分解、リングベアリング洗浄、ベアリングシャフト洗浄・研磨、感度調整、
ヘッドシェルコネクタ分解・ピン研磨、内部配線全交換、アースポイント研磨、
アームリフター分解・降下速度調整、フォノケーブル&アース線新品交換(低静電容量、Lpwノイズ仕様、1.2m)

●仕様
品番:LINN LP12
駆動方式:ベルトドライブ
寸法:W445×D356×H140mm
電源:AC100V 50-60Hz 対応回転数:33/45回転

●付属品
本体のほか以下付属します。
アウター&インナープラッター、Mose電源ユニット、電源ケーブル、トーンアーム、カウンターウエイト、ライダーウエイト、インサイドフォースキャンセラーウエイト&ロッド、アーム調整工具(六角1/16インチ)、マニュアル(PDFファイル)
※ダストカバー&ヒンジ、ヒンジ受け別売り

●おまけ
スピンドルオイル、スライタスクリーナー1個(粘着式、針先やダンパーを傷めず洗って何度でも使えます)のほか、高音質フォノケーブル(1.2m、ドイツ製)をおまけします。元々はレコーディングやリマスタリングスタジオで実際に使われている業務用マイクケーブルで、ローノイズ、低静電容量で特に低出力MCカートリッジ使用時に歴然とした差が出ます。納品したお客様からも非常に高評価を頂いております。

本機はご使用前に簡単なセットアップが必要ですが、ご質問が多い項目やトラブル時の対応策をまとめた弊社編集のオリジナルLP12セットアップマニュアルもプレゼントします。

各種クレジットカード、ショッピングローンがご利用頂けます。
サブシャーシ、電源の変更も承ります。詳細はお問合せ下さい。

※コロナ対策で対面受付は行っておりません。通販・修理のみの営業となります。

●お問合せ先 
Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
電話&FAX:03-6233-9991
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

●関連情報
Mober社製品(LINN LP12用)の取扱いを始めました。
LINN LP12用DC電源システム~Mobor CPU control DC motor PSU 
LINN LP12用アップグレード外部式電源 MOSE(モース) 
LINN LP12用アップグレードHercules2(ハーキュリーズ2) 

LINN LP12の修理&セットアップ(愛知県・I様ご依頼分)

セットアップ完了後のLINN LP12+SME3009SⅡImproved

今回は某有名オーディオショップ様からの相談で、自社対応が難しいお客様のご紹介を頂き、LINN LP12とSME3009SⅡImprovedの修理とセットアップのご依頼を承りました。

●ご相談内容
1.中古で購入したが電源がないため使えるようにして欲しい
2.33/45回転対応にしたいが、Lingo Mk4までの予算は出せない
3.不具合箇所があれば診て欲しい
4.手持ちのSME3009SⅡImprovedを整備して使いたい
5.アームボードは用意したが使えるのか分からない

セットアップ前は電源が無く欠品パーツも多数あり使用できませんでした。

●診断結果
元々はMajik電源が組み込まれていたLP12ですが、モーター以外が外されており、その他、電源ケーブルや基盤固定具など欠品も多い状態で、最初にご相談頂いていたオーディオショップでも対応が難しい状態でした。さらにACモーターをテストしたところ全く起動せず、応急処置でようやく動き出したものの、回転数が遅くて大きな動作音も出ている状態でした。

SME3009SⅡImpは見た目は綺麗でしたが、水平方向の感度が鈍く、分解したところアームパイプとベアリング軸受けのピラー内部を通る内部配線の被膜が経年劣化で硬化し、テンションが掛かっており、ベアリングシャフトに腐食もあったため、動作に干渉していました。

アームボードはSME用の取付穴が開いており使えましたが、SME3009SⅡImpの組込みは台座内部の四隅にあるコーナーブレイス(補強板)が当たるので加工が必要でした。

状況を説明してお客様と擦り合わせした結果、ミニマムの予算で安心して使えるようにしたいということで、電源は33/45回転対応のHercules2にして、不具合の解消と併せてセットアップすることになりました。

●処置内容
LP12
・台座のコーナーブレイス加工
・電源ケーブルほか欠品パーツの手配(電源ケーブル、基盤固定具、ナット類、アース線他)
・Hercules2(ハーキュリーズ2)電源の組込み
・モーター部メンテナンス、プーリー研磨
・アース処理
・サスペンション調整(水平・垂直)
・スピンドル軸受け内部洗浄、オイル注入
・サブシャーシ防錆処理、テスト&総合調整

SME3009SⅡImproved(フルレストア)
・全パーツ分解・洗浄・研磨
・ヘッドシェルコネクタ分解・洗浄
・Oリングベアリング&シャフト洗浄・研磨・感度調整
・内部配線新品交換
・アースポイント研磨
・アームリフター分解・内部洗浄・降下速度調整
・フォノケーブル新品交換・SME純正4ピンプラグ研磨・RCAプラグ交換・導通テスト

SME3009SⅡImprovedは全分解・洗浄・研磨後にフルレストア作業に入ります。
SME3009SⅡImprovedのフルレストアとフォノケーブル交換後
SMEなどLINN以外のアームを装着する場合、台座内の四隅にあるコーナーブレイスにアームの底が当たり取付出来ないため、加工が必要です。
台座を加工するためトッププレートごとシャーシ類を取り外します。併せてサスペンションを固定しているグルメットに割れや破断がないか点検します。
純正ACモーター。製造メーカーや形状からして2000年代初頭の物ですが、最初は起動しませんでした。メンテナンスしてようやく動くようになりました。
台座のコーナーブレイス加工とHercules2組込み、サスペンション調整などセットアップが完了しました。
上から電源ケーブル、アース線、フォノケーブル

●結果:セットアップ完了、33/45回転共にスムーズに起動します。
●費用:①Hercules2/63,800円、②SME基本フルレストア/38,000円(一律、フォノケーブル1.2m含む)

①+②に台座加工や不具合箇所の対応工数0.2人日と部品代を合わせて121,600円(税込・送料サービス)で承りました。

●お預かり期間:5日

●修理受付の流れ
実機を弊社にお送り下さい。ご申告内容を元に各部診断の上、不具合箇所の特定と交換部品の有無、工数(基準1人日/8hで税込44,000円、1h当たり5,500円)を計算してお見積書を作成します。

その後、御見積を元に修理内容や金額、お客様のご希望などを擦り合わせの上、ご依頼頂く流れになります。キャンセルの場合は「着払い」で返送しますが、それ以外に料金は一切発生しませんのでご安心下さい。

修理期間は通常1週間程度ですが、年末年始やGWなど大型連休前は、大変混み合うためお時間を頂いております。あしからずご了承下さい。
また、コロナによる物流の混乱と遅延、パーツの生産・調達に支障を来していることもあり、
破損などで部品交換が発生する場合は、2週間~1か月程度お時間を頂くことが御座います。

何か気になることが御座いましたらお気軽にご相談下さい。

※修理及び通販のみの営業となります。コロナ対策で対面受付は行っておりません。

■お問合せ先:Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18 
電話&FAX:03-6233-9991(平日11~18時、土日祝日休業)
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
公式サイト:https://ultragroove.jp/
古物商許可 東京都公安委員会:第306691507096

■関連ページ
Hercules2(ハーキュリーズ2)について 
LINN LP12用DC電源システム~Mobor CPU control DC motor PSU 
LINN LP12旧Basic電源仕様のMoseアップグレード 
LINN LP12 + SME3009SⅡ~HerculesⅡ仕様 
SME3009SⅡ Improvedの修理&フルレストア