Thorens TD320 のトーンアーム交換~TP16MkⅣ→FR-54

トーレンスTD320をお買い上げ頂いたお客様より、手持ちのFR-54を使いたいとご相談があり、トーンアーム交換を致しました。

TD320はアームリフターと連動してレコードの最内周で自動で電源OFFになるESOS機能が搭載されているため、アーム(ベアリング軸)にセンサーの部品が付いていることや、321や521のようにアームボード式でアーム交換が簡単ではないことから諦める方が多いのですが、ESOSの機構の一部除去とアームボード交換によりショートアームなら交換出来ます。

今回は元々開いていた取付穴の跡を隠す必要や、厚みがあるアームボードではダストカバーの開閉に干渉するため、厚み1.5mmの金属を加工して取り付けることにしました。

全長335mm、実効長245mmのFR-54を装着する場合、スピンドルの中心からオーバーハング15mmを引いた230mmが取付位置になりますが、アームの全長が長いことや、アームリフターのレバーがダストカバーに干渉することから、取付位置を検証しながら作業し、なんとか取付出来ました。

ESOS機能付きのTD320やTD520 でトーンアーム交換をご検討のお客様はご相談下さい。

Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
公式サイト:https://ultragroove.jp/
電話&FAX:03-6233-9991
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0