LINN LP12旧Basic電源仕様のMoseアップグレード

本日は79年に製造されたLINN LP12(S/N23000番代)の外部式電源Moseアップグレードと併せて、 不具合箇所の修理と手直しを行いました。 旧Basic電源仕様は、メーカーでは修理不可で現行のMajikまたはLingo Mk4への入れ替えを勧められますが、モーター故障は交換となるものの殆ど修理可能です。

今回はオークションでご購入された個体で、正直なところ外装の状態が良くなかったことや、電源ON後、起動はするものの、立ち上がりが遅く、規定回転数より結構遅かったり、水平・垂直バランスが取れないので診断した結果、ご申告内容以外にも不具合が見つかり、お客様と相談の上、対応することに致しました。

また、修理時に33/45回転対応やアーム変更、外装のお直しなどのご要望も多いのですが、今回はACモーター仕様のMoseを組んだことから、電源部のモーター、スイッチ、電源ユニットも総入れ替え致しました。

動作確認動画
修理前~サスペンションを固定するゴム製グルメットが破断し、水平・垂直共にバランスが取れない状態
修理前~内部
台座(プリンス)も日焼けや汚れ、当て傷などでくたびれてますが、歪みや変形がないだけ幸いでした。塗装面を全剥離後、研磨・傷取・オリジナル同様に樹脂塗料で仕上げます。
不具合箇所が多数見つかり、アップグレードのついでに全分解・特殊研磨後にメンテナンス致しました。
Moseは電源側で50/60Hzを自動識別して33/45回転に対応しますが、ACモーターが50hz用でない場合、交換が必要です。
純正ACモーター
全分解・全パーツ脱脂洗浄・研磨後
修理&Moseアップグレード後
セットアップ後、ほぼ使用感が無い状態にまで仕上げました。※フォトショップなど加工は一切してません。
スピンドル軸受けは内部に異物混入や酸化物質、古いオイルなどの固着している個体も多いので、分解時に内部洗浄と垂直軸に対してのがたつきがないか必ず確認する必要があります。

純正50hzモーター装着、プーリー横にある傾き調整ねじ2本をベルトの走行位置が適切になるよう調整します。
台座とアウタープラッターは塗装面の全剥離後、研磨とオリジナルと同じ樹脂塗装を行い可能な限りレストアしました。
サスペンションのグルメット交換と水平・垂直調整を行い、ようやく総合調整に入れます。

ちなみにMose、モバーDCなど外部式アップグレード電源につきましては、メーカーのショールーム移転に伴う一時業務停止と、コロナによるEU各国の物流と部品調達に支障が生じているため、次回入荷は4月上旬以降となります。また、当面の間はご予約順に優先販売となりますので、納期を頂く場合が御座いますのであしからずご了承下さい。

修理、アップグレード、アーム変更、内外装のお直し、他店で修理を断られた個体など、 何か御座いましたらまずはご相談下さい。

Ultra Groove(合同会社アンセムインターナショナル)
〒106-0032 東京都港区六本木7-11-18
LINE:https://lin.ee/bJ58gV0
E-Mail:info@anthemitn.co.jp
電話&FAX:03-6233-9991 (平日11-18時のみ)
公式サイト:https://ultragroove.jp/