ヴィンテージオーディオの修理が増えてます。

先日、老舗ヴィンテージオーディオショップの方と話してましたが、コロナ禍以降、修理依頼が激増してしまい、販売に集中できないとおっしゃってました。

時期的に年末年始やGW前後は修理が増えて忙しくなりますが、弊社も例年以上にお問合せやご依頼が増えております。理由としてはコロナ禍で在宅時間が伸びたこともありますが、ここ数年間でヴィンテージオーディオショップと修理業者が相次いで廃業したため、相談先が無くなったのも影響してます。

首都圏では老舗だったマツシタハイファイの社長は癌で亡くなり、オーディオショップもてぎさんは引退、オールドマランツ&マッキンのマサトレーディングは体調悪化で無期限休業、神田オーディオ、ヒノオーディオ、アンデックスオーディオも閉店して寂しくなりました。

※マサトレーディングの小野社長とは12月23日に電話で話して、体調も良くなり元気に営業していることを確認出来ました。最近は修理依頼が立て込んで忙しいようでした。

本日は電源投入不可とレバー折れしたガラード301の修理を行いましたが、レバーを交換してから、スイッチ周りとインターロッキングレバー機構の調整をして電源が入るようになったものの、他にもいくつか不具合箇所を見つけてしまいました。

とはいえ、お客様にはレバー交換のみの見積書をお渡しした後だったことや、追加料金を頂くのも気まずいので、事情を説明して応急処置のみ行うことに致しました。

電源投入すると金属の接触音が発生してましたが、エレカレントブレーキディスクの調整で解消しました。

モーターは起動しても33回転だけ回転しないことや、45回転もトルクが非常に弱くてピッチコントロールの目盛りがセンターではかなり回転数が遅かったので、アイドラーとステッププーリーを外して洗浄・研磨を行い、アイドラーは薬品処理で摩耗軽減の処理をしてから取付け、各部の調整を行い33回転が起動するようになりました。

回転数の遅さはほぼ解消したものの、スピンドルシャフトを手で回したところ、やたら重く感じたので、オイルの経年劣化に伴う固着か、スラストパッドの変形や潰れを疑いました。プラッターを装着すると案の定、シャーシとの隙間が狭くなってました。本来ならスピンドル軸受けを全分解して洗浄・研磨・ガスケットとスラストパッドの交換をしたいところですが、今回は応急処置として適切なちょう度の新しいオイルを注入して様子を見ることにしました。

なんとかピッチコントロールがセンターの位置で各回転数共に安定するようになりました。

ガラード301に限らずTD124やTD121などのヴィンテージプレーヤーは、電子制御ではなく機械的に回転数を調整を行っているので、構造は単純ですが各機構部のコンディションや調整が悪いと不具合が発生する反面、全分解して組み上げれば殆ど部品交換せずに治ります。

特にモーターが過度に加熱している場合は、コイルのレアショートや溶断など修理不能な故障につながるケースもあるので、お早めにご相談下さい。

オーディオブランド
Ultra Groove
https://ultragroove.jp/