THORENS TD134のフルレストアが終わりました。

先日お預りしたトーレンスTD134のフルレストアが終わり納品前のテストを致しました。

TD134レストア前01
TD134レストア前02
トーレンスTD134レストア後01
トーレンスTD134レストア後02
トーレンスTD134レストア後03
トーレンスTD134レストア後04

今回は電源投入不可だったことや、スピンドルやモーターのローターも手で回すと重く、オイルの経年劣化で固着しているような状態で、さらにアームも水平方向の動作に問題があるようで、全分解してフルレストアを行う必要がありました。

THORENS TD134レストア中01
THORENS TD134レストア中02
THORENS TD134レストア中03

モーターは幸い断線もなかったのですが、動作音と振動が大きく、全分解・洗浄後、スラストパッドの新品交換と各部研磨の作業を行い、力強いトルクと静粛性を回復致しました。

THORENS TD134レストア中04
THORENS TD134レストア中05

スピンドル軸受けはオイルが劣化して揮発成分が飛び、コールタールのようにべたついていたり、底部からオイル漏れもあったので分解・洗浄と併せてガスケットとスラストパッドも交換致しました。

THORENS TD134レストア中06

アームは内部配線のビニール被膜が経年劣化で硬化し、アームとピラー部にテンションが掛かり、水平方向の動作に干渉していたことや、ベアリング軸受けもコツコツと抵抗を感じたので、分解・研磨作業と内部配線全交換、感度調整を行い復活致しました。

THORENS TD134レストア中07

フルレストアの結果、モーターは動作音も全くなく振動も大幅に低減し、各機構部やスピンドル軸受けの摩擦係数も非常に低くなったことから、電源ONから規定回転数まで1回転で到達し、電源OFF後も慣性力でしばらく回転し続けます。

トーレンスTD134やTD124、ガラード301/401等のヴィンテージプレーヤーは、製造から半世紀以上経過していることや、電子式ではなく機械式で回転数を制御しているため、各部のコンディションによってパフォーマンスに大きく影響致します。だいたい約8~12年毎を目安に点検・レストア・調整を行うことをお勧め致します。

詳しくはお問合せ下さい。

オーディオブランド
Ultra Groove
https://ultragroove.jp/

■関連情報
Thorens TD124 / Garrard 301の修理・梱包について
【修理】Thorens TD124 Mk2